FSSC22000認証の取得

FSSC22000認証の取得

安心・安全の取組み

株式会社ヤマナ茶業では第一工場、第二工場共に食品の安心、安全をお客様に供給するために、

2020年に国際的な食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」に認証を取得しました。

今後もより高品質な商品をお客様に提供できるよう、食品安全管理体制の構築を目指し、継続的改善を実施してまいります。

【FSSC22000登録情報】
登録者名:株式会社ヤマナ茶業 第一工場(本社工場)
所在地:静岡県焼津市田尻2005-3
登録日:2020年09月23日
登録範囲:茶葉(緑茶・烏龍茶・紅茶・ハーブティー)の仕上げ、ティーバッグ充填、袋詰め充填、個包装、セットアップ包装、及び抹茶の個包装、セットアップ包装
登録番号:12161904004登録者名:株式会社ヤマナ茶業 第二工場
所在地:静岡県焼津市田尻563
登録日:2020年09月23日
登録範囲:茶葉(緑茶・烏龍茶・紅茶・ハーブティー)の仕上げ、ティーバッグ充填、袋詰め充填、個包装、セットアップ包装、及び抹茶の個包装、セットアップ包装
登録番号:12161904004

FSSC22000とは

FSSC22000は、食品小売業界が中心となって設立された非営利団体であるGFSI(Global Food Safety Initiative 国際食品安全イニシアチブ)により承認された食品安全認証スキームの一つで、ISO22000に前提条件プログラム(PRP)に関する要求事項をより明確にしたISO/TS22002-1(食品製造)、ISO/TS22002-4(食品容器包装製造)を新たに追加した規格です。食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO22000をベースにISO/TS22000(食品製造業の為の技術仕様書)を加えた、食品安全の新規格です。
FSSC22000は、※GFSI(国際食品安全イニシアチブ)が承認した食品製造業向けの新しい食品安全マネジメントシステムであり、従来のISO22000の前提条件プログラムと比較すると非常に厳しい要求事項となっています。

※GFSI:食品安全システムの継続的改善を目的に2000年に世界の小売企業など650社以上によって設立された非営利団体。GFSIが承認する規格は、食品安全に対する消費者の関心の高まりから、食品製造に関係する企業には必須の基準になりつつあります。

※HACCP:HACCPは1960年代にアメリカで宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の手法。国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加